新規会員登録
会員専用ページ
ログイン
限定セールなどお買い得です
商品検索

ビーキュート最新掲載情報

ポコチェ 10月号にツバメうるるとツバメうるるプラスが掲載されました Pococe 10月号にツバメうるるツバメうるるプラスが掲載されました。

100歳万歳 9月27日号にヒアルコラーゲンが掲載されました 100歳万歳 10月号にヒアルコラーゲンが掲載されました。

女性自身 9月27日号にビューティーバストが掲載されました 女性自身 9月27日号にビューティーバストが掲載されました。

カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
カテゴリーリスト
商品名で探す
リンク集
お買い得商品
目的で探す
成分で探す
サイトマップ
ビーキュートFAX注文書ダウンロード
モバイル版Be-cute
ブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 @niftyクリップに追加 はてなブックマークに登録 livedoorにクリップ! Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク Bdel.icio.us に登録 newsing に登録 fc2 に登録 technorati に登録 flog に登録 iza に登録
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM
4月の業日カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
5月の営業日カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
赤枠が定休日。商品の発送やお問合わせはお休みになります。
成分で探す

「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」。 名前は聞いたことがあるけど、いったいどんなモノなの?
サプリメントと上手に付き合うためにも成分に対する知識も大事です。

成分名 説明
ヒアルロン酸 結合組織の成分で、体内のほとんどの場所に存在する。優れた保水能力をもち、ヒアルロン酸1グラムで6リットルもの水分を保有することができる。加齢に伴って、体内のヒアルロン酸は徐々に減少し、細胞の保水能力は低下してしまう。
肌の保水能力を高め、しわやたるみを改善する成分として化粧品やサプリメントに利用されるほか、関節炎を緩和させる成分として医療現場でも利用されている。

ヒアルロン酸を含むサプリメントを探す
コラーゲン 動物の体内に最も多く含まれるタンパク質で、人体の全タンパク質の約30%を占める。皮膚や骨などに多く含まれ、細胞同士をつなぎとめる役割を果たしている。
体内ではたえずコラーゲンの分解と合成が繰り返されるが、加齢により合成が追いつかなくなるとバランスが崩れ減少してくる。肌の張りやシワを改善する効果がある点が注目されがちだが、カルシウムを骨につなぎ止めるコラーゲンは、骨粗鬆症の予防にも効果的。
なお、ビタミンCや鉄分を一緒に摂取すると吸収が促進されて、より高い効果が得られると考えられる。

コラーゲンを含むサプリメントを探す
低分子コラーゲン
(鶏軟骨)
2型コラーゲンが減少する最大の理由は加齢が一番の原因なのですが、関節の使い過ぎにより、コラーゲンの新陳代謝が間に合わないという事もあるのです。特に若い世代でも、陸上・野球・サーカー競技等、比較的激しいスポーツを行っている場合、軟骨が磨り減り関節痛が生じる為、積極的に2型コラーゲンを摂取するといいのです。
その為、2型コラーゲンは別名スポーツコラーゲン等と呼ばれたりもしています。2型コラーゲンが不足すると関節痛の症状が出てきます。

低分子コラーゲン(鶏軟骨)を含むサプリメントを探す
低分子コラーゲン
(海洋性)
マリンコラーゲンの特徴としては、安全性と、体内への吸収力が優れているという2点です。
まず安全面に関しては、動物性に比べ汚染の心配がなく安全性が高いのが特徴です。魚の体温は8〜9度です。
そのため、体温が36度前後である人間の体内では、魚から抽出されるコラーゲンは、消化もよく、吸収率も高いのです。また、海洋性コラーゲンのタンパク質の組織が、アミノ酸に分解されやすいことも吸収率が高い一因です。)
低分子コラーゲン(海洋性低分子コラーゲン(海洋性)を含むサプリメントを探す
コンドロイチン ヒアルロン酸・キチン・キトサン等で代表されるムコ多糖類の代表格。
コンドロイチン硫酸として結合組織や軟骨に普遍的に存在し、不足すると結合組織の機能の低下を引き起こします。
つまり生理的老化現象である老眼や腰痛・膝痛・神経痛・頭痛・肩こり・動脈硬化・食欲不振・不眠などの不定愁訴にも影響します。
最も利用されているのは変形性関節症(時に膝)や関節炎の治療目的でグルコサミンと併用される事です。
実際、グルコサミン・コンドロイチンの補給は関節軟骨や椎間板の補修・補強が可能ですが、消炎鎮痛剤の投与だけでは疼痛を緩和するのみで、関節を修復する作用はありません。

コンドロイチンを含むサプリメントを探す
グルコサミン カニやエビなどの甲殻類の外皮を形成するキチン質やヤマノイモなどのネバネバ成分であるムコ多糖に多く含まれており、天然のアミノ酸の一種である。加齢や肥満による関節の酷使に加え、代謝の低下や運動不足によって軟骨の再生不良が起こると、腰痛や膝の痛み、進行すれば関節炎などを招く恐れがある。
これらの症状はグルコサミンを摂取することで改善されるとされている。うなぎやカキ、フカヒレなどに豊富に含まれているが、体外に排泄されやすい。

グルコサミンを含むサプリメントを探す
セラミド セラミドは脂質であるにもかかわらず水分と結びついて交互に層状に並んだ構造をしており、肌の表面で保湿(水分蒸発防止)とバリヤー(外部刺激の防御)の働きをしています。
アトピー性皮膚炎はバリヤーの破錠に起因する事が認識され、セラミド不足も注目されています。表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層からなり、最深部の基底層では28日周期で角質細胞を作り出し表面に押し上げて行くターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しています。
一番外側の角質層はバリヤー機能の主役を担っていますが、角質細胞が何重にもブロック状に重なった状態となっていてその間を保湿成分であるセラミド(細胞間脂質・スフィンゴ糖脂質)が充填されています。

セラミドを含むサプリメントを探す
コエンザイムQ10 体内で合成され、体のあらゆる部分に存在する補酵素で、エネルギー産生に関わっている。20歳頃をピークに、以降は減少し、40歳頃からは不足状態になりやすい。アメリカでは“元気になるサプリメント”として高い人気を得、日本でも2001年の食品規制緩和以降、健康食品として販売されるようになった。
老化予防、抗酸化作用、心臓などの循環器系の病気予防、運動能力向上といった効果が注目されている。「補酵素Q10」「ユビデカレノン」「ビタミンQ」とも呼ばれる。

コエンザイムQ10を含むサプリメントを探す
ビタミンC コラーゲンの生成・保持に不可欠なビタミン。不足すると、出血しやすくなる、ウイルスが侵入しやすくなる、肌のハリがなくなるなどの症状が現れる。抗酸化作用があり、アンチエイジングや貧血予防の効果も。さらに、副腎皮質ホルモンの生成に関わるため、抗ストレス効果もある。
なお喫煙時は、たばこ1本あたり25mgのビタミンCを損失。喫煙者は所要量の2〜3倍を目安に補給することが望ましい。食品では、パセリ・ブロッコリー・芽キャベツ・レモン・イチゴ・キウイフルーツなどに多く含まれる。

ビタミンCを含むサプリメントを探す
ビタミンE 抗酸化作用が特に高く、“若返りのビタミン”とも呼ばれるビタミン。活性酸素を分解し、過酸化脂質の生成を防ぐ。さらに血液の循環を促し、新陳代謝を活発にさせる作用も。マーガリン・ナッツ類・植物油・魚類・青じその葉などに多く含まれ、ビタミンCとの同時摂取で相乗効果が期待できる。
最近は、ビタミンEの一種である「トコトリエノール」に強力な抗酸化作用が発見され、注目を集めている。トコトリエノールはパーム油や米ぬかなどに多く含まれるが、サプリメントでも摂取が可能。

ビタミンEを含むサプリメントを探す
マルチビタミン 各種のビタミンを組み合わせたサプリメントの呼び方。ビタミンB群同士、あるいはビタミンCとビタミンEなど、ビタミンの中には、単独で摂取するよりも組み合わせた方がより高い効果を発揮するものが少なくない。
また、ダイエットや偏った食生活によって全般的なビタミン不足になっている人などは、各種ビタミンをバランスよくかつ効率的に摂れる、マルチビタミンの摂取が望まれる。

マルチビタミンを含むサプリメントを探す
メロン抽出物/
オキシカイン
オキシカイン(oxykine)とは、南フランスのヴォークルシアン種のメロンから抽出した抗酸化酵素とたんぱく質を結合させたもののことです。強い抗酸化力があり、生活習慣病や老化の予防、美容などに良いと言われています。今までのSOD様物質とは全く違うメカニズムと効果を持つ次世代型抗酸化酵素です。

メロン抽出物/オキシカインを含むサプリメントを探す
食物繊維 近年生活習慣病の予防効果も見いだされ、“第6の栄養素”とも呼ばれている物質。「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」に大別され、「水溶性食物繊維」には、血中コレステロールの抑制、動脈硬化性疾患の予防、高血圧症の血圧降下、糖尿病の予防・改善、肥満解消などの効能が挙げられる。また「不溶性食物繊維」の効能としては、便秘解消、大腸がんの予防、毒性の制御作用などが挙げられる。
摂取量の目安は、成人で1日当たり20〜25g。寒天、ひじき、のり、枝豆、ゴボウ、葉菜類、干し柿、ゴマなどに多く含まれる。

食物繊維を含むサプリメントを探す
オリゴ糖 グルコースが数個(2〜20個程度)結合した少糖類のこと。甘みはスクロース(ショ糖)の約1/2程度。小腸で消化されにくいため、その他の糖類に比べるとエネルギーが少ない。消化されずに大腸まで到達し、善玉菌であるビフィズス菌の栄養源となって腸内環境を改善する。
お腹の調子を整える食品成分として特定保健用食品にも利用されている。一度に大量摂取すると下痢を誘発することがある。

オリゴ糖を含むサプリメントを探す
ウコン/
クルクミン
アジア原産のショウガ科の多年草。胃を丈夫にする生薬として古くから愛用されてきた。肝臓の機能を助けてアルコールの分解を促進したり、胆汁の分泌を促して身体機能を改善する働きが注目を集めている。これらは、主成分である黄色色素「クルクミン」によるものと考えられており、有害物質に対する解毒作用も認められている。最近では、皮膚がん・大腸がん・肺がん・前立腺がんへの抑制効果も判明している。ウコンの精油成分には殺菌力があるため、病原性大腸菌やピロリ菌にも効力を発揮する。

ウコン/クルクミンを含むサプリメントを探す
ビール酵母 ビールは、麦芽を煮てつくった麦汁を発酵させてつくるが、その発酵のために使われているのがビール酵母。発酵が終わった直後には麦汁の栄養をたっぷりと含んだ状態となっており、タンパク質、食物繊維、ビタミンB群、ミネラル、核酸などが豊富。

なかでも栄養素の50%を占めるタンパク質は、人体に必要な必須アミノ酸をすべて含んでいる。粉末状のものや錠剤で医薬品として販売されているものもある。

ビール酵母を含むサプリメントを探す
キウイ種子エキス キウイフルーツは、中国ではビコウトウと呼ばれる漢方薬で、”本草網目”や”開宝本草”にその効果が記載されており、昔からその効能は認められています。最近になり、その種子にも特殊なチカラが潜んでいることが判明しました。
にきびの発生原因を抑え、肌のターンオーバーを上手に促し、メラニンをブロックしてシミ、ソバカスを未然に防ぐと言われています。

キウイ種子エキスを含むサプリメントを探す
ツバメの巣/
燕窩(えんか)
燕窩(えんか)とはアナツバメ(中国名は金絲燕)という種類のツバメの作る食用の巣です。燕窩はアナツバメが、産卵期に発達した唾液腺から分泌される唾液を固めて約1ヶ月かけて作ります
中国の漢方書によると、栄養を補給し、熱性疾患や脱水状態を治し、血液・栄養などの循環を適正化し、気力を充実させる等の薬効が伝えられています。その他にも、肺疾患や健胃、去痰、皮膚の若返り、小児・老人・病後回復期の滋養食として利用されてきました。
燕窩(えんか)には、糖鎖に必要な栄養素L−フコース・N−アセチルノイラミン酸・ガラクトース・マンノース・N−アセチルガラクトサミン・N−アセチルグルコサミンが含まれています。

ツバメの巣/燕窩を含むサプリメントを探す
ルイボス ルイボスは南アフリカ原産(学名アスパラサス・リネアリス)のマメ科の針葉樹の葉で、葉を乾燥させお茶としておもに用いられてる。ルイボスティーは緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍の抗酸化力で、フラボノイド、鉄分・カルシウムなどの各種ミネラル分を豊富に含んでいる。
中でもフラボノイドは、花粉症・アレルギーの原因「ヒスタミン」に抗酸化物質がはたらきかける注目の健康茶です。

ルイボスを含むサプリメントを探す
クルクミンが肝機能に効くウコミン   SEAコラーゲン
ドクターオリゴ糖   バランスアップ22
コエンザイムQ10   マルチビタミン11

Default Text